10代・20代から薄げに悩んでいる人に向けたおすすめの対策法

昔だったら若い人でハゲと呼ばれる人はいなかったですが、今の世の中になると30代でもちょくちょく見られますし、20代、10代でもハゲに悩む人も少なくないのです。

本当になぜここまで若いうちからハゲに悩まされるようになってきたのかと言うと、やはりヘアサイクルの乱れが原因と考えれます。

およそ2年から6年の周期で髪の毛と言うのは成長期を迎えて、2週間ほどで髪の成長が止まり、およそ3ヶ月以降になれば完全に髪の毛の成長が止まり髪の毛が抜け落ちてしまうのです。

しかし、この成長期が短くなってしまって細い髪の毛ばかりになってしまうことで薄く見えてしまうのです。

髪の毛が細いまま抜け落ちてしまうからこそ頭皮が見えて薄げに見えてしまうのです。

なぜ乱れてしまうのかと言うと一つは遺伝的要因が考えれます。

遺伝的要因というのは簡単に言えばハゲは遺伝をするということです。

ハゲの遺伝は、男性のみに「伴性優性遺伝」という方法で母方より受け継がれると言われております。つまり自分の父親がハゲだからではなくて、自分の母親の祖父がはげていたらハゲてしまう可能性が高いのです。

しかし、母方の祖父がハゲていたら100%ハゲてしまうと言うわけではありません。

むしろ遺伝子よりも他の要因が原因で拍車がかかると思っていいでしょう。

それは環境要因です。

日々の生活習慣が不規則だったり、偏った食事やタバコや飲酒などがありますが、何よりも過度なストレスが原因でハゲてしまいます。

さらには過度なパーマやカラーリングによってもダメージが重なってしまってハゲる要因になってしまいます。

若ハゲが進行してしまう要因でもあります。

特に一番のダメージになるのがストレスですのでまずはストレスを溜め込まないことを意識して生活をしてみましょう。

そして最も大きいのが男性ホルモンの乱れであり、若ハゲの9割は男性ホルモンの乱れと言われています。

もちろん先に挙げた遺伝的要因環境要因がこの男性ホルモンの活動を引き起こす要因とも言われているのです。

男性ホルモンの活動をいかに抑えることが出来るのかが若ハゲを防ぐ最大のポイントと言えるでしょう。

ではどうやって男性ホルモンの活動を抑えられるのか?というと先に述べたまずは環境要因を防ぐということ画大切です。

・バランスのいい食事
・育毛剤を使う
・最低7時間は寝るようにする。
出来れば髪のゴールデンタイムと呼ばれている夜10時から2時には寝れるようにする。
・適度な運動をする
・丁寧に優しく先発する
・ストレスを上手に発散させる

以上のことをきっちりと理解をして健康を意識したライフスタイルを送る事が大切なんです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする