お金がある人はやっておきたい植毛に関する気になる費用や気をつける点

「薄毛を改善するために育毛剤などを使ったり医薬品などを使ったりと様々な方法を試したけど効果が出なかった。

あるいはもっと早く短期間で劇的な変化がないとモチベーションが上がらないという人もいますよね。

手っ取り早く確実に髪の毛を増やせるのが「植毛」です。

植毛などは認知度は高いですが、中々料金が高いという話が聞くから中々踏ん切りがつかないという人もいると思います。

植毛と言う言葉は知っていても詳しくはあまり知られていないということもあるので紹介していきます。

植毛には2種類ある

植毛治療と言うのは薄毛が気になるところに髪の毛を移植する手術のことを言うのですが、これには「人工毛植毛」と「自毛植毛」の2つがあります。

人工毛植毛

ナイロンやポリエステルなどで作られた髪の毛を模した人工繊維を移植する手法です。本物の髪ではないので、植毛する本数や長さを自由に調節できるという特徴があります。

ただし、あくまでも人工の合成繊維を移植するため拒絶反応を示したりすることもあります。

また自毛ではないので成長しませんし、毛根につまった汚れを髪の毛が押し出すということもないので汚れやすいですし、最近などが発生しやすかったりもします。

定期的なメンテナンスも必要になるのでコストの問題もあります。

一部の国では人工毛植毛を法律で禁止しているところもあるのであまりオススメできません。

自毛植毛

一般的な植毛といえばこの自毛植毛のことをいいます。

自身の後頭部などから髪の毛を前頭部や頭頂部などに移植をします。

元々生えている髪と同様に紙が成長します。

自分の髪の為特別なメンテナンスも必要ないですし、失敗のリスクも比較的人工毛と比べるとかなり少ないと言えるでしょう。

自毛植毛のメリットとしては拒絶反応が起こりづらく、髪の定着率も高いのが特徴です。

またAGAの影響を受けにくい組織を移植するということでAGAの影響も受けづらくなると言えるでしょう。さらに自分の毛ですので仕上がりもナチュラルだとも言えるでしょう。

ただし、デメリットもあり、正嫡をしないと抜け落ちてしまうということもあるのでメリットとデメリットは植毛をしようと考えているのであれば必ず複数の病院で話を聞くことがいいでしょう。

植毛の費用

自毛植毛は美容整形などと同じ自由診療にあたるため保険が適用されません。そのため費用は全額負担となります。

また費用は移植する毛穴ひとつ分あたり1,000円〜2,000円程と、病院や施術法によって大きく差が出ますし、その範囲にも値段が変わります。

広範囲に植毛するとなると50万円以上はかかると思ったほうがいいでしょう。

まとめ

あくまでも色々と薄毛対策を行ってそれでも効果がないと思った最後の手段として植毛は考えておいたほうがいいでしょう。

そして利用するのであれば自毛植毛をオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする