髪の毛に栄養を与える上で最適な食材とは

髪の毛が育つのは口の中に入った食べ物が血管を通って血流にのって運ばれていきます。

髪の毛が健康に育つように髪の毛に良い食べ物を積極的に摂り入れるようにしましょう。

しかし、極端に偏った食事もいけませんのでバランスの良い食事にプラスして積極的に摂るぐらいの意味合いでいましょう。

牡蠣

海のミルクと呼ばれているほど栄養価の高い食材といえば牡蠣ですよね。

髪の毛にとってとても大事な亜鉛が断トツに含まれているのが牡蠣です。

髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質ですが、ケラチンを生成するのが牡蠣です。

つまりいくらたんぱく質を摂ったとしても亜鉛が無ければケラチンが出来ません。

また亜鉛は日頃から摂取しにくく男性が欠乏しやすい栄養素と呼ばれているほどですので常日頃から牡蠣を食べるということは出来ないかもしれませんが、食べる機会があれば積極的に摂るようにしましょう。

他に亜鉛が豊富なものといえば豚レバーや牛肉に多く含まれていると言われています。

納豆

納豆は、日頃の食卓に多く並ぶ日本の代表的な食材ですよね。

タンパク質が多く含まれているだけではなくて、大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑制してくれる効果まであります。

また納豆だけに含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにする効果があるので頭皮に栄養を運ぶ血行促進にも期待が持てるのです。

緑黄色野菜

緑黄色野菜には、髪に必要なビタミンが多く含まれています。

特にほうれん草などには不足しがちな鉄分も豊富に含まれていて摂取した栄養を頭皮に届ける手だけをしてくれます。

特に野菜不足の人が男性には多いので積極的に摂るようにしましょう。

魚類

魚には、ビタミンB群が多く含まれているだけではなくて良質なたんぱく質もお肉並みに含まれています。

非常にバランスがいいので、毎日摂れればいいですが、可能な限り週に何回かは摂るようにしましょう。

魚をメインにしていた日本食は本当に素晴らしかったのです。

ナッツ

ナッツ類には、髪の毛の成長に必要なビタミンEが含まれていて毛細血管を広げ血行を良くしてくれる効果が期待できると言われています。

手ごろにおやつ感覚で摂る様にしましょう。

乳製品

牛乳やヨーグルト、チーズにはたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質がケラチンに変わって髪の毛の栄養となるので色々な摂り方を工夫するようにしましょう。

サプリメントを使おう

今の時代は毎日優れた食生活で過ごすということ自体が難しくなってきています。

そんな時はサプリメントを補助食品として取り入れるようにしましょう。

1食当たり100円とかなりお手ごろです。

マルチビタミンなどを家に一つ常備をしておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする